« 男の料理 | トップページ | 雷に打たれて »

2008年4月 8日 (火)

子どもの視線

481

2008/04 金沢市長土塀

子どもの視線は低い、超低い。

ゆき姐さんに貸してもらった

「大人の写真。子供の写真。」

(新倉万造×中田燦=枻文庫)を読んで

再認識させられた。

明日のためにその1。

大人の目線だけじゃなく、上から下から

これからも抉るように撮るべし、だ。

ところで消防車の下に何が見えるの、少年よ?

にほんブログ村 写真ブログへ←ブログランキング参加中。きょうは何位だろう? お願い!ここをクリックして応援の一票を!

|

« 男の料理 | トップページ | 雷に打たれて »

金沢の写真」カテゴリの記事

コメント

アタシの予想では、おそらくはボール遊びの途中で下にボールが入ってしまった。もしくは猫を追いかける少年。出来れば後者がファンタジック。でもでもボールなんだよ。←根拠のない自信。(笑)

投稿: 姉御 | 2008年4月 8日 (火) 午後 12時14分

自分が子どもの頃はどんなふうに見えていたのだろうか、とか、
私の子どもたちに、もっと子どもたちの目線で接してあげればよかったなあ、とか、
いろいろなことを考えました。

投稿: sivuch | 2008年4月 9日 (水) 午前 07時07分

▽姉御さまへ

どちらも、ブブー。
正解はファンタジックの
かけらもないけど聞きたいですか?


▽sivuchさんへ

子どもの頃に見た風景
思い出せないもんですね~。
ただ、断片的にふと幼稚園のときの
一瞬とかが浮かぶときがあります。
あれは記憶なのか自分で思い出から
作り出した幻想なのか…分かりませんが。

投稿: はや | 2008年4月 9日 (水) 午後 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの視線:

« 男の料理 | トップページ | 雷に打たれて »