« 雷に打たれて | トップページ | 春爛漫 »

2008年4月10日 (木)

国立新美術館

4101

2008/04 六本木

出張の合間、半日の空き時間。

向かった先は国立新美術館。

メーン展示の「モディリアーニ」は素通り。

「アーティスト・ファイル2008-現代の作家たち」を観る。

写真、映像、造形、ドローイング…何でもあり。

やっぱり現代アートが面白くて刺激的だなあ。

4102_2

この美術館、B1~3Fの各階に レストランやカフェテリアがある。

ボクは本屋や美術館に行くと

なぜだか猛烈におなかが減るたちなので

このコンセプトはとってもいいな、と思った。

だって芸術と向き合うってエネルギー使うって気がしない?

ご飯しながら同行者と感想を話せるのもまた楽し。

ボクは建築的なことは良く分からないが

3階から吹き抜けの1階を見下ろした

円とカーブと陽光の風景がとっても好きだな、と思ったのだ。

写真をクリックしてもらうと大きなサイズでご覧いただけます。

にほんブログ村 写真ブログへ←ランキング参加中。きょうは何位だろう? よかったらこのマークをクリックして一票入れてね。

|

« 雷に打たれて | トップページ | 春爛漫 »

旅の写真/東京」カテゴリの記事

コメント

いいなぁいいなぁ。
美術館大好き。
てか建築そのものが好き。

設計事務所にいたのは
たった4年だったけれど
もっともっといろんな建築物を見たかった。


スペインにいってガウディの建物を
この目で見てみたい。


花屋もデザインも建築も
どれもアタシにとってかなりそそる仕事だ。
右脳と左脳のバランス。

アタシは好きな仕事しかしてないんだなと
今再確認した。

シアワセもんだなぁ。

投稿: maarunchu | 2008年4月10日 (木) 午後 10時08分

▽maaruuuuuuunchuさまへ

そうだよ、幸せだよ。
なかなかそんな人はおらんよ。
だからそんなに頑張れるのかね。
スペイン行けるといいね。

投稿: はや | 2008年4月11日 (金) 午前 12時11分

私も建築のことはよくわかりませんが、
フランスにある「シュヴァルの理想宮」というのを
見てみたいと思ってます。

投稿: sivuch | 2008年4月11日 (金) 午前 06時39分

ワタシもスペインいくー!
ガウディはぐはぐ(食いモンやないて)
スキを仕事にするって
たくさん苦労がいると思う。
やっぱゆき姉すごい。

投稿: PIKA★ | 2008年4月11日 (金) 午前 08時14分

▽sivuchさんへ

「理想宮」って響きがいいですね。
どんな建物なんでしょうか。
想像が膨らむなあ。
桜は撮りましたか?


▽PIKA★ちゃんへ

好きで選んだはずの仕事が
いつの間にか違う感覚になることって
多いのだろう。
好きであり続けることはすごいことなんだよね。

投稿: はや | 2008年4月11日 (金) 午後 09時29分

昨夜とある店で
こんなことを言われた。

仕事しすぎたらいかんよ


彼の言い分はこう。

仕事をしたくない人は
如何に楽をして金を稼ぐかと智慧を働かす。
仕事をすれば金を稼げると思う人は
身を粉にてひたすら働く。


さてどっちがいいのか・・。

アタシは間違いなく後者で
智慧より労力を使う不器用な人なのかもしれないなぁ。

でもどっちが好きなといえば
不器用でも自分でやりたいって思う自分だったりもするんだよね。

この歳でねぇ。笑
頑張ってる自分が好きっていうのは
青臭いかな?

投稿: maarunchu | 2008年4月11日 (金) 午後 10時27分

モディリアーニ観なかったのかあ。
俺は観たい。

建築も飽きないよなあ。
今読みたい本のひとつが
「愛と哀しみのル・コルビュジエ」

彼が関わったのは上野の西洋美術館だけど。

しかし、姉御も「ロク」でもない人の話を
ちゃんと聞いてるんだな。
見習おう。

投稿: tetsu | 2008年4月12日 (土) 午前 02時40分

▽maarunchuさんへ

ゆき姐さんの仕事ぶりは
体だけじゃないからね。
頭もフル稼働してるし。
楽をする知恵を考えるものいいが
汗をかくからこそ生まれるアイデアって
あると思うんだけどな。


▽tetsuへ

時間があればどっちも観たが
優先順位で決めたのさ。
建築方面はtetsuの得意分野だけど
ときどきボクもいいなあと思うものがある。
素人は単純だけどもね。

投稿: はや | 2008年4月13日 (日) 午後 09時24分

建築は得意分野じゃないけど。

コメントする場所違うかも知れないけど京都の桜って雅なんだろうな。

とりあえず松川の桜見てきた。
帰りにマリエとかいうビルの本屋で話題?の「ぼく勉」ゲット。

Corona飲みながら読み。ああもう、何冊併読すりゃいいんだ!

投稿: tetsu | 2008年4月14日 (月) 午前 12時36分

▽tetsuへ

富山も散り始めってとこか?
3冊以上は併読すると
もうこんがらがってくるようになった。
ジャンルが近いと顕著だ。
最近、昔読んだ本をマジで
再度買ってしまい
「アレっ? あらすじ知ってるぞ!」
と思うこともちょくちょく…。
やっぱり老化は確実にきてるねえ。

投稿: はや | 2008年4月14日 (月) 午前 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立新美術館:

« 雷に打たれて | トップページ | 春爛漫 »