« つばめ来ました | トップページ | 春の一日 »

2008年3月24日 (月)

はまちゅう写真集

12

2008/03 金沢 cafe supreme

はまちゅうという魅力ある男性の写真集が出来た。

仕掛け人はこのブログでもおなじみの友人、ゆき姐さん。

cafe supremeを旅立つ彼への餞別。

彼女が撮ったはまちゅうとボクが撮ったはまちゅう。

ホントに上手にセレクトして仕上げてくれた。

21

その顛末はゆき姐さんのブログに。

3月23日に行ってもらえば写真集の中身も見られるのだ。

http://maarunchu.jugem.jp/

世界で6冊だけの写真集。

ボクは人に写真をゆだねて料理してもらうのが初めてで

それはちょっとした写真家気分を味わえ

出来上がるまでかなりドキドキ、ワクワクしたのであった。

13

そもそもこの企画が持ち上がったのさえ

奇跡的な出会いや出来事があったからで。

人と人の縁というのは面白くて貴重で不思議なものだ。

だから人生やめられないって思うわ。

25

江戸へ旅立つはまちゅうへ。

君はこれからもいろんな人に出会い

いろんな偶然や必然に出くわすのだろう。

それを大切に。縁やチャンスに敏感に。

なんでも面白がって。転ぶなら前のめりで。

とまあ、偉そうに。

今回の4枚はゆき姐さんにゆだねながら選ばれなっかた写真。

はまちゅうファンへサービスカットでした。

にほんブログ村 写真ブログへ←ブログランキング参加中。こちらをクリックして一票を!思い切ってトップにしちゃうつもりでポチっとよろしく。

|

« つばめ来ました | トップページ | 春の一日 »

金沢の写真」カテゴリの記事

コメント

もう満腹なのに、はやさん。。ありがとう!(泣)

きっとまたはまちゅうを囲んで
皆で騒げる日が来ることを願って。(←行くんかい)

投稿: PIKA★ | 2008年3月24日 (月) 午前 09時41分

▽PIKA★ちゃんへ

そうかい、もう満腹かい。
そんじゃこれで打ち止め。
PIKA★ちゃん以外のファンの方も
そういうことで。

投稿: はや | 2008年3月24日 (月) 午前 11時47分

ええー!打ち止めなんてー!
ちゃんと消化しますからー!(泣)
江戸出張時バージョンも楽しみにしてますからー!(大泣)

投稿: PIKA★ | 2008年3月24日 (月) 午後 02時31分

なんだか、ハマチウ三昧で・・・(笑)
あまりに身近すぎて、私まで照れる。

ホントに素敵な写真集を、ありがとうございます。本人にかわりお二人に御礼申し上げます。

今後とも、どうぞ暖かく見守ってやって下さい。

投稿: miki | 2008年3月24日 (月) 午後 03時45分

どうも、どうも、お久しぶりです。
うちのお店のカウンターに、写真集が置いてあります。
先日お客様が、ハマチュウが横に座っているのに、
写真集を見てました(笑)
本当に素敵な物が出来ましたね。
でも撮る人が違うと、被写体もこうも変わるのかと驚きです!

投稿: UNIC | 2008年3月24日 (月) 午後 06時30分

いやいやいや
あなたの撮ったはまちゅうは179枚という
途方もない枚数で。
それを選ぶのはどんな苦労だったかと。笑
正直どれも素敵で
はやさんだけで1冊作ったほうが??と思ったほど。本当に。

泣く泣く選んだあの写真たち。
ここにアップされた写真もブラボーですよ。
ごめんなさいね^^

また次のターゲットみつけてPHOTOしましょ。

投稿: maarunchu | 2008年3月24日 (月) 午後 11時02分

▽PIKA★ちゃんへ

お江戸にはmaarunchuツアーズで行くんじゃないか。
PIKA★ちゃんも一緒に。

▽mikiさんへ

母のような心境ですね。
きっと一旗あげて親孝行しに帰ってくるはず。
その日を楽しみに待ちましょう。

▽UNICさんへ

なぜUNICにはまちゅう写真集が
置かれているのかとっても不思議ですが。
よーさんをなかなか撮りに行けないのが悔しいです。
今度こそ、襲撃しますので覚悟を。

▽maarunchuさんへ

そうだった、179枚だった。
それを20点ほどに一応セレクトして
ゆき姐さんに渡したんだった。
可能なら私生活も撮りたかったなあ。
でも、これはsupreme編でこそまとまった一冊だね。
私生活は有名になってから撮らせてもらおっと。
次のターゲットは女性にしようね。一応希望。

投稿: はや | 2008年3月25日 (火) 午前 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はまちゅう写真集:

« つばめ来ました | トップページ | 春の一日 »