« 帽子を脱いだら | トップページ | 花粉症の午後 »

2008年3月19日 (水)

ハト

3191

2007/03 名古屋 大須観音

お彼岸である。

実家のそばの鴨江寺はお彼岸中にとってもにぎわった。

その鴨江寺は幼年期のワンダーランドだった。

そんなことを以前ここで書いた。

鴨江寺のことを考えていたら鳩を思い出した。

平和の象徴といわれ可愛いというイメージなのかあ、みんな。

ボクも小さいころよく餌をあげていたのだが。

なぜかたくさん集まってくると恐くなりませんか?

う~ん、鳩に限らず小さいものが大量に集まるさまが恐いのか。

毛虫、アリ、池の鯉、ムクドリ…

そんな生き物から見たら

よほどうじゃうじゃいる人間が恐いのだろうが。

にほんブログ村 写真ブログへ←ブログランキングに参加してます。今日は何位かな? こちらをクリックしてもらうと一票が入りますので、よろしくね。

ちなみに昨晩から今朝の11時までココログのメンテナンスでコメントなど見たり書いたり出来ませんでした。ごめんね~。

|

« 帽子を脱いだら | トップページ | 花粉症の午後 »

旅の写真/名古屋」カテゴリの記事

コメント

野生の鳥って、1羽2羽が枝にとまっているとなんとなく「かわいいなぁ」って見ちゃうけど、たくさんいると「ヒッチコック!」って思っちゃう。群集って恐怖を伴いやってくるのかもねー
「奈良の鹿」もたくさん集まってくるとこわーい
そういえば・・・・東京マラソンのスタート映像もちょっと怖かった!

投稿: たけ | 2008年3月19日 (水) 午後 09時27分

でたー!大須観音。
はとにまみれてアタシが捨てられていたと
何度聴かされたか定かではない大須。

またいける日が来るのだろうか。


お彼岸の慌しさに
トイレもいけなかった今日。
明日晴れたら・・と思うと
気が重い花屋なのだった。

(晴れてくれないと困るんだけどね。)

投稿: maarunchu | 2008年3月19日 (水) 午後 11時21分

▽たけさんへ

群れの勢いってのか、制御不能的なもの
本能的にそういうのを避けたくなるのかね。
羊を追う犬って偉いよなあ。←そこに落ち着くのか!
鳩は何匹から恐くなるのか
試してガッテンで実験してほしいわ。


▽maarunchuさんへ

お彼岸のお中日は曇りですが
花屋さんにはどうなんでしょう?
さすが姐さんが捨てられていた大須
姐さんと同じようにいろんな方面に
とっても面白い街ですね。
いつか大須で飲みましょうや。

投稿: はや | 2008年3月20日 (木) 午前 11時49分

なつかし! 迷宮大須。
観音近くのカフェに何回か行ったよな。

中華はもちろんマレーシア、トルコ料理屋。
台湾タピオカ屋台、タイ屋台。

散歩コースだったからよく行った。
また住みたい、あの近辺。

投稿: tetsu | 2008年3月20日 (木) 午後 06時04分

▽tetsuへ

あのcafeのソファもよかったな。
東西古今の文化の潮一つに渦巻くって
どこかの校歌みたいな大須。
懐かしいだろ。

投稿: はや | 2008年3月20日 (木) 午後 07時00分

大須観音は思い出の場所。
またすぐいけると思ったけど
そうも行かなくなった思い出の場所。


そうだねみんなで名古屋に遊びに行きたいね。大須で飲んじゃうツアー企画して^^

投稿: maarunchu | 2008年3月20日 (木) 午後 09時52分

▽maarunchuさんへ

そのうちボクらも名古屋に戻ったりして
「遊びにおいでよ」なんてメールする日がくるのだろうか。
ちょっと寂しいね。

投稿: はや | 2008年3月21日 (金) 午後 07時16分

そっかあ。。考えたら本社に戻るってあり得ない話ではないよね。何だか考えたくないけれども。。せっかく出会えた皆だからね。まぁ?今はネットなんつ~素敵なツールがあるから世界中何処に居ても連絡出来るし遊びに行けばいいはなしだからね。はまちゅうにしてもそう。一生会えないと言う訳じゃあない。会いにいきゃいいんだし。(笑)フットワークさえ良ければ!

投稿: maarunchu | 2008年3月21日 (金) 午後 08時58分

▽maarunchuさんへ

今年は転勤もないかな~???
来春から来夏あたりかもな~???
ま、それまでにいろいろ楽しくやりましょう。
その後も海外移住大計画も含めて
ワールドワイドにお付き合いは続くわけで。

投稿: はや | 2008年3月22日 (土) 午後 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハト:

« 帽子を脱いだら | トップページ | 花粉症の午後 »