« ミュージシャンの手 | トップページ | チャレンジャー »

2008年3月10日 (月)

働くこども

3101

2007/10 メキシコ チチェン・イツァー

メキシコの幼子はよく働く。

父や母にくっついて。

それは言い換えれば教育体制や

経済的に恵まれてないかもしれないが。

3102

2007/10 メキシコシティ

でも親の苦労を間近に見たり

自分も親の役に立っているという自覚を得たり

そういう環境はある意味大事で。

今の日本にないたくましさもこんなところから生まれるのだろう。

メキシコの働く子に幸あれ。恵まれたニッポン、負けるな。

にほんブログ村 写真ブログへ←ランキング、今日は何位? 「P-life」押し上げ強化月間につき、応援のクリックをよろしく。

|

« ミュージシャンの手 | トップページ | チャレンジャー »

旅の写真/メキシコ」カテゴリの記事

コメント

いいね。色が鮮やかで。
確かにアジアの子供もよく働くね。
日本は違うけれども。。

以前見たドキュメンタリー映画で
フィリピンの子供たちが
ごみを集めて暮らしていた。

靴を買うお金もなくて
学校に行くお金もなくて。

必死に生きている姿に
自分の置かれる世界とのギャップに
ひどく落ち込んだことを思い出した。

靴を履いていないから
ガラスを踏み
傷だらけの子供たちは
自分の人生をどんな風に思っていたのかと。

アタシは今出来ることを
必死でやることしかないと
前を向いて生きるしかないと
言い聞かせていた。


心から笑えるように。

投稿: maarunchu | 2008年3月10日 (月) 午後 09時57分

上の写真で、この前着てた服を「メキシコの?」って聞かれた理由がわかりました。

う〜ん素敵。親子でお揃いみたいで可愛いなぁ。

さすがにここまでのデザインは日本では見つけられません。メキシコの光の中でこそ映える色でしょうね。

…って、テーマと関係なくてすみません。

投稿: こみち | 2008年3月11日 (火) 午前 01時29分

▽maarunchuさんへ

旅人が同情しても説得力もなく…。
世界を変えられるほど力もなく…。
ただ、忘れてはいけないことだと思う。
自分の生き方に責任を持たなくちゃね。


▽こみちさんへ

最近、なかなか会社で会わないね~。
こみちさんのメキシコテイストのファッション
とっても似合って可愛かったですよ。
いろいろ話題が広まってくれるのが嬉しいです。
例の写真、そろそろアップしようかな。

投稿: はや | 2008年3月11日 (火) 午前 11時44分

こみっちゃん!

そうでしょ、メキシコの服かわいいでしょ!
刺繍が凝っていてほれぼれしてしまうのだぁ。
この間、こみっちゃんが着ていたワンピもとっても素敵だったので、つい聞いちゃいました~。

ちなみに私は現地で一着購入。
でもあまりの派手さに人前で着られず、もっぱらおうち用になっています…。

投稿: YURI | 2008年3月11日 (火) 午後 06時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働くこども:

« ミュージシャンの手 | トップページ | チャレンジャー »