« めがみがすむ島 | トップページ | メキシコの花嫁 »

2008年2月15日 (金)

墨西哥BOYS

2151

2006/11 メキシコ イスラ・ムヘーレス

メキシコに行ったとき不思議なことがあった。

三人の子供を連れた母親が僕のところへ来て

「ニケちゃんですか、一緒に写真を撮ってください」

と真顔で言うのである。

言うのだといっても友人に通訳してもらったのだが。

2152

2006/10 メキシコ・シティ

友人が聞き出してくれた情報は

①ニケちゃんという人はテレビに出てるらしい

②日系人らしい

③面白くて人気があるらしい ということ。

僕はその母親にニケちゃんであることを否定したが

それでもいいから一緒に写真を撮ってと言われ

みんなで記念撮影したのであった。

2153_2 

2006/10 メキシコ・シティ

これがその三兄弟。

別の街に行ったときにお土産屋の親父も

ぼくに向かって「ニケ、ニケ」と呼んでいたし

いったい僕はメキシコの誰に似ているのだろうか…。

にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加してます。ポチッとクリックしてもらうと一票が入る仕組みです。更新の励みになりますので良かったらよろしくね。

|

« めがみがすむ島 | トップページ | メキシコの花嫁 »

旅の写真/メキシコ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、ニケちゃん!じゃなかった?
興味ありますね~ニケちゃん。
お笑い芸人かな?
俳優かな?
世界に3人の自分にそっくりの人がいる、というけど・・・そのひとりかもね!

ところで2枚目の写真は横に見ると「ブレイクダンス中の女の子」にみえます(笑

投稿: たけ | 2008年2月15日 (金) 午後 10時57分

彼はなぜこんなかっこをしているのか…。
それは秘密です。
ニケちゃんってホンマ誰やねん。
まあ、南国に行くと大抵似た人に
会うことは会いますが。
バリ島では日本人に英語で道聞かれたし…

投稿: はや | 2008年2月15日 (金) 午後 11時33分

あはははは!
わかりました。お答えしましょう!
おそらくはやさんは
「エキゾチック」な顔立ちなんですよ。
綺麗にまとめると。←これ余計?

アタシの友達にものすごいバリのホテルで支配人でもしてそうな日本人がいます。
空港でピックアップしに来た現地ガイドもいます。(どっちも間違いなく日本人)

その系統なんですね。ニンマリ

アタシははやさんのTシャツが「NIKE」だったのかと思いましたが。。←ありえんやろ

投稿: maarunchu | 2008年2月16日 (土) 午前 02時31分

間違いなくエキゾチックです。
綺麗な言い方だと。
自分で思うにタイのムエタイボクサーが
一番ぴったりくるかも。
NIKEは着ていなかったのです。
NIKONは持っていましたが…。

投稿: はや | 2008年2月16日 (土) 午前 11時03分

そうかぁ~
エ・キ・ゾ・チ・ックな顔立ちなのね!!!

NIKEの由来ってギリシャ神話の勝利の女神が「ニケ」(NIKE)だからなんでしょ?つまりはやさんは、勝利の女神、と・・・!?

投稿: たけ | 2008年2月16日 (土) 午後 12時11分

な~るほど。
NIKEはそういう意味なのね。
勉強になりました。
いくら可愛い私でも女神ってのは
どんだけ~いかほど~。
ちなみに海外行くとNIKONも
NIKEと同じように
「ナイコン」と呼ばれますわ。おほほ。

投稿: はや | 2008年2月16日 (土) 午後 10時09分

ミクロネシア方面に頻繁に行っていた時期があってね、
観光客っぽくなかったせいか(?)、
フィリピン系のお笑い芸人によく間違われたよ。
はやに関していえばさ、
一般人とは違うオーラが出ているのかもよ~。

初めて会った子に写真を撮らせてもらう時の
コミュニケーションのコツってあります?

投稿: MaSaki | 2008年2月17日 (日) 午後 12時46分

子どもはなかなか自然に撮れませんよね。
本当なら意識させないで
さっさっと撮りたいですが。
声を掛けた場合は
「おじさんは悪意のない人です」
というオーラが全開するように
笑顔で話しかけて(通じなくても)ますが。
相方がいるときは、女性だと子どもも少し
安心感があるようなので話してもらったり。
「ありがとうね」と声を掛けると
気が緩むからほっと笑顔が出る時もあるので
フェイントでもう一回撮るとか。
ホント、柔らかい表情を引き出すのは難しいっす。

投稿: はや | 2008年2月17日 (日) 午後 03時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墨西哥BOYS:

« めがみがすむ島 | トップページ | メキシコの花嫁 »