« 創造力の塊 | トップページ | おいしい顔 »

2008年2月26日 (火)

街角の音楽家

2261

2006/10 メキシコシティ

メキシコの人は陽気で街は音楽が溢れている。

その音は人工的なものではなく

手触りがある温もりを持つ音。

2262

レストランや公園にはマリアッチが現れ、

そこかしこで賑やかにメロディーを奏で始める。

ディエゴ・リベラとフリーダ・カーロが

結婚披露宴を開いたことでも知られる

シティの「カフェ・デ・タクバ」。

タイルの内装がとても美しい店だった。

2263

ここで友人がリクエストしてくれたのは

「日本人カップルのために一曲を」。

それにこたえてマリアッチが弾いてくれたのは

「川の流れのように」…それも歌詞は日本語。

恐るべし美空ひばり、さすが秋元康!!

異国で聞く故国の歌は、ちょっぴり涙が出そうになるほど

それはそれは心に染みるものだった。

にほんブログ村 写真ブログへ←ランキングに参加してます。ここをクリックしてもらうと一票が入る仕組みです。更新の景気づけによろしくお願いします。

|

« 創造力の塊 | トップページ | おいしい顔 »

旅の写真/メキシコ」カテゴリの記事

コメント

わー。
二枚目の写真の二人
いい顔してる。

嫁もね^^
シアワセ一杯だにゃ。

ホント目の毒。
旅にでたくなってこまるっちゅうの。笑

投稿: maarunchu | 2008年2月26日 (火) 午後 10時33分

音楽家はふくよかな方が
音がまろやかな気がしませんか?
音が後ろに逃げにくいのかしらん。

投稿: はや | 2008年2月27日 (水) 午前 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街角の音楽家:

« 創造力の塊 | トップページ | おいしい顔 »